未来が分かれば面白い!そんなすごいサイトがあるよ!


さぁ未来を先取りしよう!

今回は、「勉強したら未来が予想できるよ!だから勉強しよう!」なんていう内容ではないです。

リアルに未来の情報を先取りできるすごいサイトがあるんです。

是非紹介させてください。

レビュワーの皆さん 今回も閲覧ありがとうございます。

周作twitter:DarvishShu)です。


サイト名は「ひらけ、みらい。生活総研」『未来年表』

▲画像クリックでサイトへ移動します

未来の年表が書いてあるんですけど、何が凄いかというと…

それが適当ではなく、きちんとどこの誰が記者会見みたいな形できちんと発表したという記録を元にまとめられているという点です。

一つだけ例を挙げてみます。

あくまで例なので、皆さんでいろんなジャンルを見ていただきたいです。
【例】2025年 先進国でロボットの人口が人間より多くなる
出典 : COMPUTERWORLD
資料 : 米国シスコIBSGデイブ・エバンス氏の予測
発表 : 2011年8月16日
こんな感じです。※即SNSでシェアもできちゃいます。

ある程度信頼のおける情報を元に未来の年表が作られています。

年表を見ながら自分の頭がついていけるかイマジネーションを膨らませてみましょう。
2030年代になると「人間の脳がクラウド・ネットワークに接続可能になる」とか書いてますが、「脳に接続」というあたりで想像力が追い付かなくなってます。皆さんはどこまでついていけますか?

未来を創造するのは別に学者の特権とかではない

いつの時代もイメージすることで未来を作ってきました。

だからこそ人間の行動の起源はイメージする事はスタートだと言っても過言ではありません。

未来を予測を発表している人たちはどいう過程を経てこういう予測に行きついたのか?

そこを考えると本当に将来に悲観的でなくなります。
日本の経済状態は明るい兆しこそ見えてきませんが、未来は暗くなるなんて誰が言い出したんですか?

また来ていない未来を憂う必要はないのです。

未来に対して素敵なイメージを持っている(現実的とも言えます)彼らのメッセージを、自分のイメージと膨らませながら読んでみていただきたいです。

リアルな未来の情報を先取りしてみよう

結構あいまいな発表でなくピンポイントで述べているのもあるので、まずは疑う所から始めるのではなく、なんでそうなると思ったんだろう…というところから読み進めてみるのをお勧めします。
未来年表』…
読んでてワクワクするなら、あなたの未来はきっと明るいです!

明るい未来をイメージしてもらいたいからこそ!

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。




記事が気に入っていただけましたら是非シェアをお願いします

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで国内だけでなく、世界を股にかけて幾多のチャレンジをしてきました。 そこで見たもの、得た知恵をレビュワーの皆さんに是非シェアしたい! …そんな想いでブログを立ち上げてます。 出し惜しみは致しませんので皆様、末永く宜しくお願いします。