ガリのマッチョがどうもよく思えない 5つの理由


ガリのマッチョがどうもよく良く思えない 5つの理由


レビュワーの皆さん 閲覧ありがとうございます。

周作twitter:DarvishShu)です。


こんにちは!

皆さんは日々の体のケアをどうしていますか?

男性の皆さんは特にどんな感じですか?

巷の女性に聞くところによるとまだまだ「ガリのマッチョ」の支持具合が多いようです。

しかし、個人的に格闘技などを趣味で見ていると、どうしてもガリのマッチョが良いと思えないのが正直なところ。
gari
個人的な見解を踏まえて、ガリのマッチョがこれからの時代にどうイケてないのかを解き明かしてみることにしました。

カテゴリーにして5つ

皆さんのご意見もお待ちしております。

ちなみにガリガリ君はとても美味くてイケてると思います。
gari

ガリのマッチョがイケてないと思う ザ・5つの理由

  • 1、マッチョでも重いものを長時間持つ事が出来ない
  • 2、骨折しやすい
  • 3、飛ばされやすい
  • 4、防御力が弱い
  • 5、相手の後ろだと隠れて消えてしまいがち


それでは、皆さんのツッコミたい気持ちを抑えながら、一つずつ解説していきます。
もう少し我慢してくださいね。

1、マッチョでも重いものを長時間持つ事が出来ない


体がガリなので、どうしても筋肉の耐久力が続かないと思います。

筋力が無いならなおさら体重にのしかかるでしょう。

そりゃなんだか見た目は力瘤が盛り上がって美しく感じるかもしれませんが、実践的ではないです。

「□□ちゃん、俺がその荷物、持つゼ!」というテクニックが使えません。


2、骨折しやすい


体がガリなので、どうしても骨の耐久力に響きます。

次項の「飛ばされやすい」と連動してます。

そのため、常にカルシウム値に気を配りながら体を作っていかないといけません。

「大豆」とかが好きでないと厳しいです。

「コーラが好き」
ってだけで命取りになりかねません。

そりゃなんだかちょっと力いれるだけで筋骨が浮き出てきて美しく感じるかもしれませんが、実践的ではないです。


3、飛ばされやすい


体がガリなので、どうしても体重が軽くなります。

そりゃ筋骨粒々で美しく感じるかもしれませんが、相撲やラグビーなどでは真っ先に吹っ飛ばされてしまいます。

バスケットボールなどでもゴール下を守るにはとても心もとなく、仕方なく3Pシュートの練習に精を出すしか選択肢がなくなります。

4、防御力が弱い


体がガリなので、どうしても脂肪というクッション素材が薄く、打撃に対して痛みがダイレクトに伝わります。

僕は昔ゲームセンターで稼動していた『熱血高校ドッジボール部』というのにとてもハマっていたのですが、そこで洗脳的に「ガリはすぐやられる」という感情が埋め込まれたのではないかと思います。

このゲームでガリがやられて吹っ飛ばされる断末魔を何度も聞きました。

d1
そりゃなんだか筋骨粒々で美しく感じるかもしれませんが、現実問題脂肪のガードがないので打たれ弱くなります。

そしてこの世は、“スクルト”みたいな魔法はありません。

5、相手の後ろだと隠れて消えてしまいがち


体がガリなので、どうしても体の線が細く太った人の後ろにポジショニングすると、皆既日食みたいになってしまいます。

これは存在が消えてしまうくらいの大変深刻な事態ではないかと思います。

スポーツなどではこれ(視覚効果)をうまく使ったテクニックもありますが、多用は出来ません。

また、世間一般的なイメージの「ボス」は大抵大きいです。

そういう点でも、手下にノミネートされる可能性が高いです。

“実践”(?)向きじゃない!ガリのマッチョ

女性目線から見たら、“私よりも目立たずに守ってあげたくなるようなオコト”が良いのでしょうか?

また、スポーツではマラソンが得意だったり、運動会などで披露する「組み立て体操」で有利なポジションに入る事が出来るという利点もあります。


有利なポイントも確かにあるのですが… どうしても実戦向きじゃないですね…


というか実戦ってそんなにあるのだろうかね…


というわけ(?)で、5選! …ツッコミがあればどうぞ。
gari
今回も読んでいただき、ありがとうございました。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1899527777948931"
data-ad-slot="6856087400"
data-ad-format="auto">

記事が気に入っていただけましたら是非シェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

今まで国内だけでなく、世界を股にかけて幾多のチャレンジをしてきました。 そこで見たもの、得た知恵をレビュワーの皆さんに是非シェアしたい! …そんな想いでブログを立ち上げてます。 出し惜しみは致しませんので皆様、末永く宜しくお願いします。