思考と現実のSF映画『20世紀少年』から学んだこと


思考と現実のSF『20世紀少年』から見えてくる現代にはびこる問題

レビュワーの皆さん 閲覧ありがとうございます。

周作twitter:DarvishShu)です。


今回は知り合いにお勧めされたので早速とある3部作のDVDを借りて、見てみました。


そのタイトルは…

『20世紀少年』

21-1
ちょっと変わったタイトル名だし、サブタイトルもはじめてのジャンルです。

「本格科学冒険映画」

タイトルからは何の映画化は読めてこなかったので、まずは本編を見てみることにしました。


また、この妙にマニアックな映画が三部まで続くのはきっと訳があると思い、どうせ見るなら一気に見ようと試みました。

始めは物語に入っていけず、「この映画、結構撮影資金やエキストラ沢山巻き込んでるな~」とか客観的にしか感じなかったのですが、とにかくじっくり見てみることにしました。

21-3

この3部作にもわたる長編で伝えようとしたことは何か!?


………しかしこの映画、やたらと「終わり」という言葉が多い。

映画のキャッチコピーも“「終わり」が始まる”だし、、、、

な~んかダークな感じの世界観だったので、始めはあまり好きにはなれませんでした。

人も沢山死ぬし、尊敬している小池栄子さんも、変な悪役だし…

21-6
話を戻します。

この映画は話の中にポイントとなるシーンや台詞があり、その一つ一つが今の社会のシステム上生じている問題を非常に比喩しているように感じます。

まず、第一部の最後らへん。

とんでもない事をしている相手に向っての台詞

『仮面をとって周りをよく見てみろ!

 おまえのやっていることがどういうことなのか。』


なんだか映画の台詞だけではかたずけられない深い意味を感じます。


自分のやっていること、自分達が進んでいる道がどのような方向に向っているか良く分かってないという一つの例を映画を通して伝えているのではないか?と感じました。


他にも、とある宗教団体のような集団が悪事(のようなもの)を行ったものの、失敗するとします。


失敗した時にその集団がとった行動は『誰か一人を”こいつが失敗の原因だ”とつるしあげて、群れから急につまはじきにして殺す』というものでした。


失敗の原因にされた一人が殺されてその場は納まってしまう現状…


これは何かの比喩ではないかと考えだしたら、この映画はメッセージ性の強い作品だと思います。


だからこそこの映画を最後まで見てみたくなったのかもしれません。

21-5
また、最後の方で、とある宗教団体みたいな施設に入るかどうかのシーンがあるのですが、そこの団体に入れば「三つのタイプの人間が出来上がる」というのが非常に興味深かったので、メモをとりました。

その三つとは…

1、どんなことがあっても友達に全身全霊で尽くす勤勉な人間

2、言われたことを何でも疑わず信じる人間

3、いじめられようが何を言われようが絶対に文句を言わない人間


21-7


これって今の資本主義の流れやいじめの問題の図式ではないのか?

そしてその団体に無事染まってしまった人は、「ただニコニコするだけの人間になった。そしてある日自殺した」

…これはちょっと怖いです。

先ほども書きましたが、なんだか映画の世界だけで起こっている事じゃないみたいで、凄くリアルに感じてしまいました。


ネタバレにならないように感じた事を書いてみましたが、特に一番感じた事は

『問題は遠いところで起こっているのではなく、身近な所が火種になっている』という点。


今の世界を、自分にかかっているあらゆるフィルターを外して見てみないときちんとした事実は見えてこない」ということ。

21-4
…うまく伝えられているかどうか分からないので、一つ例をあげてみます。



マクドナルドを経営している人。

うまく儲けていけても、

・子ども達の食生活をバラバラにしている
・売り上げ資金を戦争に投資している
・世界中の森林破壊につなげている
・鳥インフルエンザなど見えない時限爆弾をいくつも作っている
・中小企業や田舎の小売業を次々と経営破たんに追い込んでいる
・途上国の環境を苦しめている

こういう事実があります。

そこを、この映画「20世紀少年」風に比喩的に書くと―


“仮面を取って回りを見てみることが大事。自分のやっていることがどういうことなのか!”


問題は些細なことから、


問題は思い込みから、


問題はその時のちょっとした気持ちの過ちから…



この映画は、ややマニアックなので、好みは分かれるかもしれませんが、争いの火種を作らないための一つの知恵という視点で見ていくと、記憶に残る作品になるのではと思います。


現代の感覚が麻痺しいる日常に気付くためにも、この3部作の映画はお勧めです。


見終わるまで結構時間かかってしまいますが。


まだの人はまず、予告編からどうでしょう?


そんでハマったら原作も読んでみてください。読みがいがあります!(順番が違うか?)

映画「20世紀少年-第1章-」予告編 (ver1:高画質版)



映画「20世紀少年-第2章- 最後の希望」予告編



映画「20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗」 公式サイト


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 

記事が気に入っていただけましたら是非シェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

今まで国内だけでなく、世界を股にかけて幾多のチャレンジをしてきました。 そこで見たもの、得た知恵をレビュワーの皆さんに是非シェアしたい! …そんな想いでブログを立ち上げてます。 出し惜しみは致しませんので皆様、末永く宜しくお願いします。