「やる気が出ない」状態ならこの3つの点に気をつけて


3つのポイントで今の自分をチェック

レビュワーの皆さん 閲覧ありがとうございます。

周作twitter:DarvishShu)です。


普段人生だけでなくブログの肥やしになると思っていろんなことにチャレンジしているのですが、一時期は色んな事に対してやる気が出なくてほとほと困っていた時期もありました。

何も動きたくない…それは貴重な「時間」に対して実にもったいない事なのですが、その時は明らかに心がついていってない鬱な状態でした。

だからこそやる気が出ない時の心の状態にしっかり向き合って、今後はもったいない時間の使い方をしないように邁進していきたいと思うものです。

今回は「やる気が出ない」状態に陥っているときに気をつけてほしい事を3項目に分けて書いてみました。

皆さんも心当たりがあるならチェックしてみて下さい。

そして皆さんの日常が充実したものになれば幸いです。

やりはじめたらドンドン出来てしまうものですけど…

⓵ゴール地点が分からなくなっていませんか?

今自分が向かうべき地点がはっきり見えてない状態です。

こういう状態だと前に進めないのもうなずけます。

やみくもに突き進むだけではやる気の出しようがないですよね。


だからまずはそこに気づいて、ゴールや今日の目標といった部分を書き出してみましょう。

ここがポイントですが、書き出すことで自分の頭の中の余計な思考作業が減って落ち着いて考えやすくなります。

頭の中で目標を描いて、断捨離して、判断して…と一度に複数のことを考える事はもちろんできますが、一番考えないといけない部分だけにフォーカスして、後のことは紙にでも書き出すと集中して考えやすいです。

ゴール地点を設定するときは、一度に頭の中で解決せずに紙に書いて、それを見ながら考えるのがミソです。

達成するべきことがハッキリしてるなら進めますよね。

…でも「やる気が出ない」のは、それがすべてではないのも事実です。

⓶1人の時間を決めて有効に使おう

少し私情を書きますが、

自分は映像編集や舞台脚本を書いたりしている一応クリエイターの端くれです。(自称)

そんな自分の経験として、ゼロから何かを生み出そうとする時は大体一人で自問&研磨して創っていきます。

何かを本気でやるときは一人の方が良いです。

誰かと一緒に何かを共有するのは大事ですが、何かを生み出すとなるとお互いの意思のすり合わせが必要で、時間を要します。

だからまずは、一人の時間を作る

ただ、一人になるというわけではないです。

一人の時間を有効に使えるような人間になる事が大事です。

雑念を入れないためにも作業中、スマホ等のタブレットもマナーモードにして遠ざけています。

この一人でいる時間を有効に使えるようになる状態が分かってくると、定期的に一人になって物事を整理することができるようになります。

一人に強くなるというのはむつかしいですが、自分のモノにしてしまえば、時間を有効に使えるのでチャレンジしてもらいたいです。

1人に強くないと事は起こせない

なぜかを考えると見えてくる「1人の時間」の価値

『ぼっちが最強』とか言われているようですが、その本質はこういうことなのではないかと思います。

元阪神タイガースの4番打者でミスタータイガース・掛布雅之さんも『真の四番になるためには、一人に強くならないといけない』という話をしてくれていました。

ミスタータイガース・掛布雅之さん

僕は現役の頃の掛布さんを知らないのですが、言わんとすることは昔よりは少し分かるようになってきました。

こうやってブログを書くのも、自分の知識や経験の洗い出しです。一人でじっくり考え整理したうえで書いていますし、その時は一人です。

⓷日々のコンディション、基本的なのに見落としてないですか?

コンディションも大事です。

体調は大丈夫?

寝不足だと集中力が出ませんし、頭痛があるなら意識がままなりません。

コンディションとも向き合うためにも朝起きてからどういう準備を経て作業へ向かうのかのルーティーンを決めることが大事です。

人間は“慣れ”というか習慣の生き物です。(経験談)

自分の独自の流れを作って、そのまま作業にとりかかるまでのトリガーを作っておきましょう。

睡眠は大事ですので、睡眠はあまりケチらないように!朝早く起きないといけないと思ったら窮屈になるので無理は言いませんが、その分夜ふかししない程度で床に就くようにしましょう。

歳重ねていくごとに、睡眠の大事さを感じます。

まだまだ若いものには負けたくないという人もいますが、ここはこの先のパフォーマンスに響くので抗わないようにしましょう。

自分で決める事の第一歩もやる気が出ないことからの脱却

3つの項目に分けて紹介させていただきましたが、最後に補足です。

今まで何かと「教えてもらってきた人」「やってきてもらった人」。

こういう人は、自分で考えて行動したりやってみるチャンスを奪われた人です。

だから自分で考える、時によっては決断することに慣れてないと思います。

ゆえに自分で決めきれない…そういう経験はありませんか?

若いうちはそれもわかります。でも誰かに指示されたことや、指標を決められた事に、自分の奥底からやる気が出るのか?

自分で決めたことでないと、やる気を維持して踏み込めないと思います。

1人に強くなるという部分ともかぶっていますが、やっぱりゴール地点は自分で決めましょう。

自分が決めたことだからやる気が出ます。やると決めたんだから。


そしてそういった小さな決断の連続が大きな判断ができるように…大きな仕事がこなせるようになっていくのではないかと思います。

自分で決められないとやがて誰かに流されていきます。

そういった大人見る度に、人っていうのはこういう依存体質な人が実に多いなと感じます。

自分で決めたら後悔しても自分で決めたことだから踏ん切りつくのに…それでも人は誰かに決めてもらおうとする。

それでやる気は出るのか?

自分の人生生きているのか?


全てにおいて自分の意思を通せというわけではないです。状況にも対応しないといけないですが、小さなことでも良いので自分で決めるくせをつけましょう。

やる気は後からついてきますよ!

マイペースで歩いていきましょう

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

今まで国内だけでなく、世界を股にかけて幾多のチャレンジをしてきました。 そこで見たもの、得た知恵をレビュワーの皆さんに是非シェアしたい! …そんな想いでブログを立ち上げてます。 出し惜しみは致しませんので皆様、末永く宜しくお願いします。