Youtuberを目指している人に真剣に聞いてみたいこと


Youtuberは難易度かなり高くないですか?

レビュワーの皆さん 閲覧ありがとうございます。

周作twitter:DarvishShu)です。


Youtubeに編集した動画を投稿した経験がありますが、自分のオピニオン(意見、見解)やスキル・実況プレイなどをUPするパフォーマー、要するに『Youtuber(ユーチューバー)』にはまだチャレンジしたことが無いです。

しかし、様々なYoutuberさんからこれからの時代は「Youtubeが稼げる!Youtubeをやるなら今だ!」なんて意見をやたらと聞きます。

実際に有名スポーツ選手や芸人さんが自分でYoutubeチャンネルを立ち上げて登録者数に奮闘しているのを見ると、今ブームなんだなーというのは感じます。

Youtubeからの収益の上げ方は、ブログをしているので一応知っています。

そこで……
本気でYoutuber目指している人や今登録者を増やすべく頑張っている方に、質問してみたい事があるんですが少し聞いてもらえませんか?

質問というより、やってみて実際どうですか?ってのを自分が感じたことから伺ってみたいです。

実際に人前で講演をして、その様子を自撮りしてみたのですが、こういう動画でのトークコンテンツを量産するのは、相当な人生経験や専門スキルが無いと『続けていく』というのが厳しいのではないかと感じるのです。

実体験から感じたことを書いてみます。

Youtuberに興味が無い方でも客観的に感じたことを素直に書いてみたので、思いを皆さんとシェアできれば幸いです。

都内でお気に入りのコワーキングスぺース。記事を書いたり情報集めしたり……周りの皆さんも真剣です

人前で話すって事に慣れてないと、やたらと敷居が高く感じる

まずは自分もYoutuberやるならどんな動画をUPするかという方向性を決めないといけません。

自分のブログの内容でも分かると思いますが、やるなら『チャレンジ&生き方に関するチャンネル』を考えています。

しかしブログでリライトしながらなんとか記事を仕上げていくのではなく、内容をリアルタイムで撮影しながらトークしないといけないわけです。

台本をしっかり仕上げておかないとあっという間に言葉がつまってしまいます。実際に何度もつまりました。

NG出しまくったら「ツギハギ編集」しないといけないので、かなり手間かかりますよね。
※一人で撮影から編集までこなすと仮定してます

動画編集作業は凝ったものではなくシンプルな編集ならどうという事もないですが、トークとなると一筋縄ではいきません。

話の構成力や言葉のチョイス、間の取り方という名の“センス”も必要になってきます。
ここで少し僕の実績を紹介させていただきますが…
自分は小規模ではあるのですが、講演会を今まで計6回。(高校生や倫理法人会等で)あとYoutube動画の講義を2回(非公開)自撮りしてUPしました。

人前で話すための準備とトーク練習を何度も行ってきました。まずはやってみないと見えてこないので。

講演会なんかは、自分の話し方にクセが無いか不安で、知り合いにわざわざ聞いてもらうなどしてチェックしてもらったくらいです。
カメラ越しでも、人前でスラスラ話すというのがどれくらい難しいかというのはやれば分かります

人前でプレゼンをやってきた経験がない人からすると未知の領域かもしれません

塾講師だったり、仕事とかでプレゼンをするような事がない限り、まず誰かに向けての講義なんてやりません。

ビジネス関連や社会派のYoutuberが、「引きこもってるならYoutubeに動画をUPして自分で事業を起こせばいい!最小のリスクでハイリターンを望める!」なんて言いますが、普段から人前で話す事をしていない人間にYoutube上で自分のオピニオンを話すのは敷居が高すぎるのではないかと感じます。

いわゆるポジショントークに感じませんでしたか?

話し慣れている方は自分の目線で話をしていますが、やってみれば分かります。

人に自分の主張を伝えるというのが初心者にとってどれだけ難易度が高いのか。

ココをある程度経験積んでないとまず無理じゃないかと。

講演をしたことのある自分からしても、伝えたいテーマを分かりやすくまとめて頻繁にUPしている彼らは凄いと思います。

パソコンに向かって書くのとは勝手が違います

ここに行きつくまでどれだけ実践を積み重ねてきたんだろうか…と感じます。

ビジネス系Youtuberを参考にしているのですが

ちなみに自分がよく見ているのは「ビジネス系Youtuber」と呼ばれる方の講義動画。

通勤時によく聴いてます。

自分も毎日を目指してブログを更新していますが、ブログよりも情報量が多い「ビジネス系Youtuber動画」をよくこんなにも毎回UPできるもんだと感心しませんか?

マナブさんイケハヤさんなんかは、ほぼ毎日動画をUPしてますよね。

「毎日でないといけない」ってワケじゃないと思うのですが、やろうとするとどれだけすごいか分かりますよね。

自分だったらリアルに出来て月イチくらいです。

でもそれならチャンネル登録者数を増やすのは、その動画のクオリティがよっぽど高くない限りは正直厳しいと感じます・

「やるかやらないか」ではなくて、悔しいですが自分の中に発信できるコンテンツが乏しいのが分かるのです。

今Youtuberされている方は、どこかでネタが詰んでしまう恐れと、その先の不安ってありませんか?

Youtuberとして自分のコンテンツ&チャンネルを持つのがどれだけ難易度が高いのか知った時に、安易にYoutuberを進めるのは無責任だと思うのです。

かなりの人生経験と伝える力(要するに国語力)が必要だと思うのです。

あれくらいの領域に達するには、頭の中に入っている知識量が半端ないでしょう。

本をドンドン買って、日々読書&アウトプットを欠かさないのが少しだけ分かります。

逆にいろんなチャレンジ経験や知識が乏しいと、すぐに内容が詰んでしまいます。

まずは彼らの凄さを心より受け止めたうえで、自分自身の強みとその強みをどう活かせるかを考える必要があると感じます。

それがもうYoutubeでなくても良いんではないかと思いますが、皆さんはそこを乗り越えてでもYoutubeをやっていけますか?

いくらブロガーをしていたからといっても、Youtuberへすぐに移行できるもんではないと感じますが、皆さんはどんな印象なんでしょうか。
もうすぐ5Gの時代に入るので、ブログというコンテンツはあまり読んでもらえなくなるというのは予想できます。(オワコンとまでは思わないですが、画像などを多めに入れて常に優良コンテンツに仕上げないと難しいと感じています)

閲覧数も減ってその分Youtubeに流れていくことが予想されますが、だからといって映像での発信に切り替えるというのはどうしても心の中でストップがかかってしまいます。

とりあえずスマホでもいいので何か動画を撮影してUPしてみるってことは出来ると思います。

しかし、Youtuberを志した後、本当に2年、3年、5年…と続けていける自信はありますか?

そこまで一生をかけて伝えていきたいコンテンツはありますか?


物心ついて10年~20年くらいでそんな壮大なコンテンツを生み出して発信し続けていけますか?
※漫画や小説を発信するというのはアリだと思いますが…

Youtuberとして継続して情報更新を続けるということが凄い事なんです。

継続するということがどれだけ難しいかを感じている人も多いのではないでしょうか?

駆け出しのYoutuberさんがいたら、是非繋がりたいです。よろしくお願いします。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

今まで国内だけでなく、世界を股にかけて幾多のチャレンジをしてきました。 そこで見たもの、得た知恵をレビュワーの皆さんに是非シェアしたい! …そんな想いでブログを立ち上げてます。 出し惜しみは致しませんので皆様、末永く宜しくお願いします。