「東海道五十三次 歩き旅」5日目(名古屋市内→名古屋駅まで) ~京都から東京までを歩く~


歩き旅の果てに得たもの感じた事を共有します

日本横断「東海道五十三次」~京都から東京までの歩き旅~

レビュワーの皆さん 閲覧ありがとうございます。

今回の歩き旅にチャレンジしています周作twitter:DarvishShu)です。

何回かに分けて、この歩き旅の記録をお伝えしています。

時間を計りながら写真撮りながら歩いたので、かなりリアルな記録になっています。

今後東海道を歩こうと思っている方は特に参考になると思うし、国道二号線沿いの道をよく知っている方は旅の気分が楽しめると思います。

旅の経過を写真と共に楽しんでいって下さいませ。

5日目は、歩いた距離としてはちょっと短いです。

「東海道五十三次」5日目 ~名古屋市内を駅まで移動~


2015年10月28日 朝7:30 天気は雨があがって快晴!

名古屋市内にあるネットカフェからのスタートとなります。
IMG_6413
早速川沿いを歩きながら旧東海道への合流を目指します。

IMG_6415
旧東海道といっても、市街地の中ですので普通の道路ですけど。

IMG_6420

実は昨日の夜、アクシデントがありました。


背負っていたリュックの止め具(プラスチック)が、劣化してきたのもあり壊れてしまったのです。

IMG_6417
これではリュックを背負い辛い…

IMG_6418
ということで、紐を巻きつけてなんとか応急処置を施したのですが、改めて担いで数メートルを歩いたとたん、「ブチッ」という音と共にもう片方の止め具も割れてしまいました。

IMG_6426
「これではリュックとして機能できないし、持ち運びが大変だ」ということで、今日は名古屋駅まで行ったら、歩き旅を中断して旅行アイテムを買い換える事にしました。

丁度仕事で山の視察に行かないといけなくなり、どっちにしても歩き旅を一旦中断せざるをえなくなりました。


style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-1899527777948931"
data-ad-slot="6076711401">

とりあえずは名古屋駅を目指して進む


そういうことで、今日のゴール地点は名古屋駅。

距離としてはあと10km程でした。

普通に歩いていけばお昼過ぎには到着する距離です。

とりあえず、東向いて進む事にしました。

IMG_6422 IMG_6421
前日までの疲れはそんなに感じなかったです。

なんだか体が慣れてきたようです。

人間の体というのは不思議なものです。

IMG_6423
さらに旧東海道を進んでいきます。

IMG_6424
歩道に問題はありませんでした。標識も一定距離に提示されているので、道に迷う事は無いと思います。

IMG_6425
ただ、10月後半というのに日中はまだまだ日差しが強く、秋とは思えないくらい暑かったです。

IMG_6427
名古屋競馬場に差し掛かりました。

IMG_6428
変な法則があって、けいりん場や競馬場の近辺には必ずコンビニと「吉野家」や「すき家」のようなお店があるって事。

IMG_6429
名古屋けいりん場通りにある「吉野家」で遅めの朝ごはんを頂いた後、行きたいところがあったのでそこへ歩いていく事にしました。

IMG_6430
それは、あの「高濃度炭酸風呂」を備えた温泉施設で、温泉だけでなく様々な岩盤浴&リラックススペースも充実している温泉総合施設『キャナルリゾート』という所
 (昨夜ネットカフェで調べてました)

まだ前半とはいえ、今回の旅行で「高濃度炭酸泉」、非常に気に入りました。

疲労回復にとても良いと感じたので、名古屋駅に着く前に是非寄っていこうと考えたのです。

リュックサックは留め具が全て壊れてしまい、こんな状態だし…

暫く進んで、この橋を目印に渡ってすぐを左側に歩いていけば…

IMG_6438
温泉総合施設『キャナルリゾート』に到着します。

IMG_6439
まぁこの日は、ここまでの疲れを癒すということで、この施設で夕方までゆっくりしてました。


この『キャナルリゾート』

eeonsen

到着したのは10:45でしたが、平日(水曜日)の午前中だというのに既に沢山の人が利用していました。

店員さんに「朝から人多いですね~」と聞いてみたら、「日曜や祝日だと、これよりもっといっぱいになりますよ。」との事。

初めて行ったお店でしたが、どうやら大繁盛店のようです。

IMG_6440
(▲ 画像をクリックすればサイトへ飛びます)

ホームページを見ていただければ分かると思いますが、様々な種類の温泉や岩盤浴だけでなく、飲食店(居酒屋からスイーツ店まで)やイベントホールでの催し物も充実しています。

テレビ付きのリラックスルームも広く、雑誌・漫画なども完備されていて、一日中ここにいても飽きないような施設になってました。

さらに、遠方のお客さんにも楽しんでもらえるよう、各地からシャトルバスも配備。

うつ病の人がいたら、まずはここで心も体もゆっくりしてもらうのが良いんじゃないかと思ったほどです。

「高濃度炭酸泉」はすっかりお気に入りとなりましたが、ここで僕が特に感動したのは、サウナに入っていたら、威勢のいいお兄さんが熱風をうちわで扇ぎに来てくれた事。

普段のサウナよりもより発汗力が高いように感じます。

ポケモン風に言うと「こうかはばつぐんだ」といったところでしょうか?(ちょっと古いか…)

デトックス&疲れが取れて、久しぶりに心からリラックスした時間を楽しむ事が出来ました。

eeonsen2

次のスタートは11月2日から もちろん名古屋駅からスタート


温泉でリフレッシュをした後は北へ、駅へ向かって数キロを歩きました。

IMG_6443
今回は歩いた距離が10km程とやや短かったのですが、一旦旅をブレイクしてまた出発します。

次回出発は5日後の11月2日(月曜日)から

一旦実家へ戻り、山仕事などを終えてから、また名古屋駅へ戻ってきます!


次回の旅の記録も是非ご期待くださいい!


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


歩き旅に関する質問は何でも受け付けています。

件名に【東海道の歩き旅について】と入れていただけると分かりやすくて有難いです。
引き続きこれからの旅の記録、是非ご期待下さい。

「東海道五十三次 歩き旅」にチャレンジ ~京都から東京までを歩く~

2016.04.19

「東海道五十三次 歩き旅」1日目(京都駅→湖南市まで) ~京都から東京までを歩く

2016.04.19

「東海道五十三次 歩き旅」2日目(湖南市→亀山市まで) ~京都から東京までを歩く

2016.04.19

「東海道五十三次 歩き旅」3日目(亀山市→四日市市まで) ~京都から東京までを歩く

2016.04.19

「東海道五十三次 歩き旅」4日目(四日市市→名古屋市内まで) ~京都から東京までを歩く

2016.04.19

「東海道五十三次 歩き旅」6日目(名古屋駅→岡崎市まで) ~京都から東京までを歩く~

2016.04.19

「東海道五十三次 歩き旅」7日目(岡崎市→豊橋市まで) ~京都から東京までを歩く~

2016.04.19

ABOUTこの記事をかいた人

今まで国内だけでなく、世界を股にかけて幾多のチャレンジをしてきました。 そこで見たもの、得た知恵をレビュワーの皆さんに是非シェアしたい! …そんな想いでブログを立ち上げてます。 出し惜しみは致しませんので皆様、末永く宜しくお願いします。