ミスチル(Mr,children)のライブを見て感じたこと ~人の心をわしづかみにする方法~


ミスチル(Mr,children)のライブを見て感じたこと
 ~人の心を歌やパフォーマンスで鷲掴みにしてしまう方法~



Mr,children(ミスチル)のライブに行った時、本当に魂が震えるような感覚がしたので、今回の記事ではそんな一流のパフォーマンスの素晴らしさを皆さんにもシェアしたいと思います。

Mr,children知っている人もそうでない方も、彼らの魅力を独自の目線で切り込んでみましたので、是非お付き合いください。

▼オフィシャルサイトは以下をクリックしてください。
 とにかくサイトもパッケージもデザインが秀逸!曲を出すごとに毎回デザインは手がける人が違うそうです。
Mr.Children-4

ファンの熱気からして違うし、自然も味方するライブ

見に行ったライブは兵庫県お淡路島で行われた「ap bank fes」という野外ライブ。

他にも色々なトークやライブもありましたが、そんな野外ライブイベント『ap bank fes』の内容全般についての詳細は以下をクリックして御覧下さい。


なぜ野外ライブに参加してみたかったかというと、“一流”の世界で活躍してきた方たちを見て”一流”というものを肌で感じてみたかったというのが理由です。

熱狂的なファンが前列を1時間、いやそれ以上前から占拠していて、とても近くで見ることは出来なかったです。

なんかファンの方達の「このライブを間近で見たい!!」というオーラが出ていました。

LIVE
メンバーがステージに姿を現すと、場の空気が一瞬にして変わります。

TV越しではなく、初めて目にする Mr,childrenボーカルの櫻井さん。

表情からして、全てを取り込むような雰囲気…そして実際よりも大きく見えるのである。
※ライブの写真はありません。ご了承ください。

しょっぱなから往年のファンにも馴染みある名曲を披露して、ファンのテンションを最高潮に持っていった後、新曲や自然を歌った曲を怒涛のラッシュ。

最近のミスチルの曲はあまり知らな“かった”のですが、とにかく鳥肌が立つほどのパフォーマンスと、それに酔い興奮しまくっているお客さんの中で、歌から発せられるエネルギーの流れみたいなもの感じました。

ファンの熱気が最高潮の中、自然も味方につけるほどのパフォーマンス…

地平線に沈む夕日や  が舞台を演出するんです。


そんな予期せぬパフォーマンスに、立ちっぱなしであることなんか忘れてしまうくらいのインパクトは続きます。

今、この瞬間に全てをかけられるのが一流のパフォーマンス

ボーカルの櫻井さんはステージでの表情が本当に優しい感じで、実に気持ちよさそうに歌っています。

この例えがうまく伝わるかどうかは分かりませんが、サーフィンをしているような感じで歌っています。


あと、「歌い終わったら、もうここで死んでもいいや。 歌いながら死んでしまっても本望」くらいの想いを感じます。

だからといって決して自分を追い詰めるようなパフォーマンスをしているのではなく、いつだって今を悔いないように出し切ろうとしているんです。

だから見ていて「この一瞬、この時間、”今”をしっかり生きているな~」と感じ、観客はそんな姿に引き込まれていくんだなと思います。。

children3
櫻井さんがそういうことを実際に言葉では言ってるわけではないです。

歌っている姿を見てて感じるんです。

今を生きている姿に人は感動して声援を贈る

children7
それと対比になってしまうかもしれません。

うつ病の人の思考パターンは、大体過去の事を思い返して苦しくなったり怒りがわいたりを繰り返しているようです。

思い返すその時間 “過去” に生きているわけです。

過去を振り返るのも大切ですし、それが悪いとは思いませんが、もっと今を見て今を真剣に生きる事に切り替えてみると良いのではないでしょうか?

今この瞬間こうやって生きていることがすばらしいということをもっと実感できれば、「今」をしっかり生きていくことが出来れば、その積み重ねとしての未来の自分があるのではないかと思います。

ここまでの文、どっかの人の言葉を引用してきて書いているわけではないですよ!

ミスチルのライブを見てて、本当に感じた事を書いてみました。

一流の人に会ってみることのススメ

Mr.Children-6
オリンピックでもいい、プロとして活躍しているスポーツマンでもいいです。

どのジャンルでも「一流」に触れることで色々と学べるものがあるのではないかと感じています。

アーティストのライブからでも生きるヒントは学べます。

とにかく”その道の一流”を生きている人は、その一瞬にかける思いが凄まじいのです。

だから人は熱狂して鳥肌が立つ。

「今歌っている自分とお客さんとの思いを共有するために精一杯向かい合っている」

「今を本気の笑顔でファンと楽しむことが出来る」


…見ていてこういうメッセージを感じられました。


「これが一流の人たちの演技か……」


「これが歌で人の心を動かすアーティストのパフォーマンスか……」



ミスチルのコンサートチケットは、ファン倶楽部でもないと入手が困難だと聞きますが、納得できます。

長年ライブをしてきたからとはいえ、細部のデザインもすばらしいし、自分達の色をきちんと持ち、魅力を十二分に活かした素敵なステージでした。

children1

「歌で感動するなんてコトあるんだろうか?」なんて感じてる人には是非一度見てもらいたいものです。

チケットが取れるかどうかという問題があるんですけどね。

今間違いなく、一番ライブへ足を運んでみるのをお勧めしたいアーティストさんです。

mr1
今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

今まで国内だけでなく、世界を股にかけて幾多のチャレンジをしてきました。 そこで見たもの、得た知恵をレビュワーの皆さんに是非シェアしたい! …そんな想いでブログを立ち上げてます。 出し惜しみは致しませんので皆様、末永く宜しくお願いします。