プロ野球掲示板の秀逸なカキコミを紹介(主に阪神)


試合中に飛び交った面白コメント達

昔のプロ野球は球場でのヤジが凄かったのですが、今ではおとなしくなった…というわけではなく、ネット上のカキコミに移り、試合がある日は様々な言葉が飛び交っています。


今回はそんなプロ野球の掲示板に書き込みされたコメントで、これは面白いな~と感じたものを、独断と偏見で紹介させていただきます。

尚、自分は阪神タイガースのファンなので、どうしてもコメントが阪神ファンが書き残したもの寄りになっている点はご了承ください

お客さん達の想いは壁紙にもびっしり!

ヤジが少なくなった代わりにSNS等の投稿へと形を変えたコメント達。

実は2010年代から「このコメントは面白いな~」と思ったものは、コピペして保存していました。

それを今回ご紹介させていただきます。前置きが長くなりましたが早速どうぞ。

よく見かけるコメント


まずは軽いジャブみたいなものから紹介します。

コメント欄でよく見かけるオーソドックスなものです。

これは誰でも(?)一度は目にしたコメントではないでしょうか?

『あかん!優勝してまう』

主にシーズンが始まる前によく書き込みとして見られるコメントです。このコメントはもう有名で、番組名にもなっているくらいです。
来日した助っ人外国人が凄かったり、初戦で菅野を打ち込んで勝利した後とかにこのカキコミがよく見られました。
シーズン中盤から後半に向けて次第にこのコメントは鳴りを潜めていきます。

『はい神!』

不振などが理由でさんざん叩かれていた選手がホームランを打った時などに即レスで書き込まれるコメントです。「神」の部分を「ネ申」という書き方をする方もいます。なぜそういう書き方をするのかは謎です。

『トレード乙』

少し不振が続くとこのコメントが出てきます。
また、チャンスで打てなかった時もこのコメントと似た言葉が投稿されます。
もう少し長い目で応援しましょうよ。

『もう(今年は)最下位でええわ!』

4位~5位を低迷している時にやけくそになってこういうコメントを書き込む方がいます。
今年中にチーム内の膿を出しきってしまおうというデトックス的な意味合いも含まれていると信じたいのですが、ヤケとヤケ酒は良くないです。

『なんやこの謎采配』

監督が奇抜な戦略を実践した時、成功したら「名采配」と称えられますが失敗した場合は「謎采配」という言い方で叩かれます。
叩かれるのが嫌な監督は、どうしても冒険せず手堅い采配になってしまいがちです。

『酒が旨いわ』

大差で勝っている時によく見るコメントで、この流れは今も昔も変わりません。お酒が苦手であろう方は「メシウマ」というカキコミで投稿されます。

秀逸だと感じたコメント達

ここからは、読んでてなかなか秀逸だと感じたのでコピペしておいたコメントを紹介します。試合中というタイムリーな間によくこんなイカしたコメントを思いついて即座に投稿できるな~と感心します。

『俺2時間先の未来からタイムスリップしてきたんやけど、この後〇〇選手がサヨナラホームラン打って勝つで。』

最近タイムリープものの作品が流行っているからなのか、こういうカキコミが目立つようになりました。思わずクスっときてしまいます。
書き込みなので後でツッコまれる事もないですし。

『もうお前は西じゃなくて東や!』

ピッチャーの西投手が打ちこまれた時に見つけたコメント。
なんかじわじわ来ます。

『神のお告げ来るで!』

助っ人外国人が打席で自打球当たった時にまれに書き込まれるコメント。
往年のファンには相当なトラウマになっているようです。

『あなたは神を信じますか?
〔A,信じる B,信じない ➡C,甲子園で見た!〕』

これは結構前のコメントですが、マットマートン選手がサヨナラホームランを打った時に書いてあったコメントです。ただ褒め称えるだけでなく、こういう洒落たコメントは印象に残りました。

『さぁ(みんな)ポジろうや!』

大差で負けているときは負けている方のチームのコメントは少なくなりがちです。
そんな時にこのコメントが時々登場します。
負けていても、その中からポジティブな要素を見つけようという大変前向きなコメントです。

明らかにウケねらいで書かれた投稿

ギャグのセンスあるな~と感じるコメントを紹介します。さすが関西人。

『この勝負、佐藤が勝つ。』

ピッチャーが佐藤投手で、バッターが佐藤選手の場合、こういうカキコミをする輩が必ず出てきます。“伊藤”でも“田中”でも名前はなんでも構いません。

『(相手チームの選手)から猛虎愛を感じる』

こちらの攻撃中に相手チームがエラーした時、相手選手に向けてこの書き込みが見られます。
エラーをあざ笑うのではなく、こういう書き方に昇華できるのは素晴らしい…と思う。

『リードしてて雨なんやし、もう〇柳さん呼ばん?』

プロ野球の降雨コールドは5回が基準です。5回の時点でリードしているものの、ピッチャーが打たれそうな雰囲気になってきた時にもうコールドゲームにして逃げ切りたいと感じたファンが書き込むようです。「〇柳さん」というのが誰なのかは分からないという事にしておきます。

『この時期からが毎年本調子になる』

シーズンが終わり、ファン感謝デーで色んな意味で活躍する選手に向けてのコメント。

『当たれば飛ぶ/ロマン砲』

なかなかホームランの出ない長距離バッターに向けて送られるコメント。なかなか3人でピシャッと終われないピッチャーには「劇場型」という言い方でコメントされます。

『明日からの3連戦、ホームで勝ち越しや!』

このホームというのは必ずしも球団のホームスタジアムを指すわけではないようです。
阪神ファンは横浜スタジアムを“ホーム”と呼んでいるようです。



2021年、現在はコロナ禍ということもあり、なかなか球場に応援に行けない人も多いのではないかと思います。

個人的ですが、阪神タイガース佐藤輝明選手のバッティングを生で見てみたいです。

早くネットのカキコミや映像からだけでなく、球場で皆さんと一体になって思いっきり声を上げて応援できる日を心待ちにしています。

Jリーグなどもしかりみんなで一体になるっていうのは気持ち良い体験です。応援しているうちに自分が元気になったという話も聞くくらいなので、思いっきり声出してみたいですね。

佐藤輝明選手は掛布さんのようなレジェンドになれるのか!?今後の注目ポイントです

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

記事が気に入っていただけましたら是非シェアをお願いします

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで国内だけでなく、世界を股にかけて幾多のチャレンジをしてきました。 そこで見たもの、得た知恵をレビュワーの皆さんに是非シェアしたい! …そんな想いでブログを立ち上げてます。 出し惜しみは致しませんので皆様、末永く宜しくお願いします。