食と自然はかなりハイレベルな「四万十町」に注目


高知県の観光地の穴場として大いにおすすめ

レビュワーの皆さん お久しぶりです。

周作twitter:DarvishShu)です。


最近、飲食店でもイベントを兼ねた観光でもよく訪れる地域があります。

それが今回紹介させていただく「四万十町」

高速道路がつながっているので、車でも問題なく行けます

▼まずはキレイにまとめられている動画をご覧下さい。

海の幸が目立つ高知県で異色の方向を

高知県は、太平洋に面した町です。

なので、全国殻の高知県の印象は、海の幸が豊富。

要するにカツオのたたきなどが有名であるという認識が一般的でした。

しかし高知県は海ばかりに面しているわけではありません。

山側、香川県や愛媛県の県境の山間部も多いのです。

そんな「四万十町」は隣の港町「久礼」から20kmほど離れた盆地にあたります。
※ちなみに「久礼」はカツオがとても有名です。

朝は霧がかかって幻想的な景色になることが多いです

港町からは少し外れにあってどちらかというと、清流の『四万十川』の上流~中流に面した町。

清流には米が似合う

ちなみにここから南下した黒潮町は、「明神丸明神丸」を有したこれまたカツオの町。

となると、この町は海の幸とは違った方向で売り出していかないと厳しいです。

そこで町が目を付けたのが「豚肉」と「清流」。そして清流四万十川の恵みと自然より生まれた「酒」と「米」でした。

とにかく食材が豊富で美味しいです。海の幸は隣町だし。

食のレベルは実はかなり高い

 食は、もっと細かいところを突き詰めていけば「生姜」「落花生」や「四万十地栗」等、隠れた特産品はまだまだ沢山あります。

各ジャンルはかなりのレベルにあると感じます。

朝から日中にかけての寒暖の差が激しいので、農作物に甘味が増すのでしょうか?

食が満たされたら、自然を満喫。

ラインナップには不自由しません。もう少しインフラが整えば問題ないのですが、そこはゆったりした時間を楽しんでもらいたいものです。

高知県でも有数の川遊びスポット。カヤックで冒険!

夏は四万十川祭りで盛り上がります

川沿いにはキャンプ場のスポットが多く、アウトドアに最適

ラフティングは一度は体験してみることをお勧めします。とてもスリリング!

2020年春の段階ではコロナウイルスのために休業していますが、終息したら是非遊びに行ってみる候補として検討してみてください。

▼川遊びマップの記事を紹介しておきます。

「川遊びマップ」でアウトドア情報を先取り


未開のスポットはまだまだ多い

2006年の3月20日に高岡郡の窪川町と幡多郡大正町、十和村が合併してできた町なので、まだまだ歴史は浅いです。
役場(庁舎)は駅の線路を挟んで設置されていて、渡り廊下から線路を見下ろせるスポットになっています。
しかし、総面積が642.30㎢と非常に広く、幻想的な森のスポットなどまだまだ認知されていない場所は多いです。

写真家さんの話によれば、中流域に朝方幻想的な霧が立ち込めて柱みたいになるスポットがあるという話もあります。

川からの景観も抜群で、4月のお花見の時期は勿論、11月の紅葉の綺麗な時期にもカメラマンが泊まり込みでやってくるそうです。

それだけ写真家を惹きつける、そしてインスタ映えするスポットが沢山あるという事なんでしょう。

高知県では「仁淀川」の“仁淀ブルー”“仁淀ブルー”がインスタ映えから爆発的に広まった事例がありますが、ここ四万十町でもそんなきっかけがあればいつでもブレイクしそうです。

自然の幻想的な風景は、撮るほうも楽しいですし、見る方も癒しになります。

まだまだ開拓、冒険の伸びしろが多い四万十町。少しでも皆さんに知ってもらえれば幸いです。


▲四万十町の偉人「谷干城」さん。この画像をクリックしてみてください▲

QRコード付きの観光資料を添付しておきます。こちらへ遊びに行くときのお供にどうぞ!
※画像はクリックで拡大します

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

記事が気に入っていただけましたら是非シェアをお願いします

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで国内だけでなく、世界を股にかけて幾多のチャレンジをしてきました。 そこで見たもの、得た知恵をレビュワーの皆さんに是非シェアしたい! …そんな想いでブログを立ち上げてます。 出し惜しみは致しませんので皆様、末永く宜しくお願いします。