須崎の町を見守り続ける地域の憩いの居酒屋「一休どん」


須崎の町を見守り続ける居酒屋「一休どん」は市民や観光客のクロスロード


レビュワーの皆さん 閲覧ありがとうございます。

周作twitter:DarvishShu)です。


須崎が地元なので、どんどん須崎の情報を発信できればと考えています。

宜しくお願い致します!

今回は、須崎市で駅前の市民の胃袋を満たしつつも、交流の場となっている居酒屋「一休どん」のお店とサイトを紹介します。

以下がサイトになります。
don1
メニューはサイト上からご覧下さい。

地域に愛されて育つ場所


このお店は、古くから経営していて、本当に地元に愛されてるなというのを感じます。

お店は小さいですが、よく店の大将と話をするためお客さんが来ています。

そんな地元のお客さんは、だいたい注文は大将のお任せで。


ビールと刺身をいただきながら楽しい時間を共有しているようです。

須崎駅や駅周辺の民宿からも近いので、市外や県外からの旅行客も、須崎の魚を堪能しながらゆっくりするには最適な場所です。

これからも地域だけでなく、観光客の胃袋を満たして旅の疲れを癒す場であってほしいです。

地域皆で寄贈活動を行っています


一休どんは、地域の方を巻き込んだ寄贈活動を行っています。

居酒屋というコミュニティの場だけでなく、育った地域に何か還元できないかということで、お店と地域の方達で始められたそうです。

寄贈にあたっては最近は本を寄贈しています。

居酒屋に置かれたまねき猫の貯金箱に、15年間の間に貯まったお金で購入したものです。

地元の居酒屋として地域の皆さんと共に活動されているというのがよく分かる一面です。

don2
その後も、お釣りなどを寄付してくださる方は多く、38冊目…39冊目…と寄贈を続けているそうです。

障害のある方や生き難さを抱えている方、関係者の手記、体験談を中心に、少しずつでも、増やしていきたいということです。

市民の方々の理解がよりいっそう深まっていくことを願っています。

お釣りをよく入れられる常連さん、一見のお客さんなどさまざまな方々の好意が活かされながら、今日も市民の憩いの場として一休どんは営業しています。

don3
飲み放題のメニューもあるそうです。

詳しくはお問い合わせくださいね。


お問い合わせ 0889-42-8138
※最大人数の目安は12人になります

営業時間 17:00~23:00

休日は日曜日
※祝日の営業は不定期になるので、事前にお問い合わせ願います

〒785-0001  須崎市原町1-9-1

記事が気に入っていただけましたら是非シェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

今まで国内だけでなく、世界を股にかけて幾多のチャレンジをしてきました。 そこで見たもの、得た知恵をレビュワーの皆さんに是非シェアしたい! …そんな想いでブログを立ち上げてます。 出し惜しみは致しませんので皆様、末永く宜しくお願いします。