SIMCITY ~見てる所が変われば考え方も変わる!~


市長になってみて色々見えてきたこと


こんにちは。

レビュワーの皆さん 閲覧ありがとうございます。
周作twitter:DarvishShu)です。


さて、皆さんは今凝ってるものはありますか?

僕が今なんかハマるというか楽しんでいるのは「シムシティー」というスマホでのゲーム。

昔から何度もリメイクが続いているロングセラーシュミレーションです。

iPhone以外プレイできるので、移動中などに手軽に遊べますよ。


「シム」とはシミュレーションのシムです。

実験・訓練を目的とし、複雑な事象・システムを定式化して行う模擬実験をいいます。
001

という難しい説明は抜きにして…

このゲームは、自分が市長となって町を作っていくシュミレーションゲームです。

ただ街をつくるだけのゲームが、なんでここまで面白かったというかハマったのかというと…

街を作るのって一筋縄ではいかないことばかりだからです。

思い通りに行かないのは人も街も一緒!



皆さんも読みながら想像してみてほしいのです。

ゲームでなくとも現実社会でも当たり前に起こる事例だからイメージしやすいと思います。

img_1169
人口を増やすため、家を建てていけば水道や下水道、電気の需要がいります。

そして人口増加によって犯罪や火事などの人災も起こります。

でも全部を埋め合わせるためのお金は足りません。

工場をフル稼働させて貿易で稼いでも従業員のモチベーションが落ちて、疲れてしまいます。

犯罪を減らすために警察を配置しても巡回できる範囲外の部分で不満が出ます。

火災を減らすために消防署を設置しますが、これも範囲外での対応が出来ず不満が出てきます。


今思いつくことをぱーっと書きましたが、

とにかく「こうすればOKだ」というものが無いのです。

sim-0
「改善するためにこうしよう!」と思ってやってみれば、他のところで不満や綻びが出ます。

街のレベルが上がって人口が増えていけば、それに比例するようにいろんな災難も一緒に起こるようになります。

個人的に学校を建てて教育機関を充実したいのですが、土地面積を喰うので他の機関が追いやられます。

だからといって人口分散させたら、今度は警察や消防署の範囲で賄いきれなくなる…

そのためのお金は…なかなかたまらない…

市民税は国民の満足度が高くないとまとまって入らないし…

おまけに地震のような災害だって起こります。

シュミレーションとはいえうまくできてるなと感じることが多々あります。

sim1
プレイしながら、「だから今の都市ってのは一極集中してるんだ~」とか色々街づくりの大変さを味わえて面白くなってきました。

そして、世の中はこういうバランスで保たれてるんだなーというのが理屈でなくよくわかります。


それにしても、僕が市長ならこんなに高層ビルばっかり建てる設定にしないのですけど…

建物をグレードアップさせていくうちにえらく高いビルばかりになってしまいました。

空港なんか別にいいのに、人口に伴い空港が建ちました。

…町を巨大化させることがこのゲームの目的なのかどうか分かりませんが、江戸時代くらいの古い町並みでノスタルジックに浸れる町なんかが作れたら素敵なんですけどね…

田んぼや自然公園なんかも混ぜて… 建物は学校と図書館くらいでいいです。

そこら辺、山や高地、田舎の風情というのも、今後のグレードアップに組み込んでほしいものです。

unnamed
そういうことで、この「シムシティー」

ゲームの起源はかなり古く、今もバージョンアップを続けるだけあって実に面白いです!

従業員を思い通りにしようと考えている上司や、これから政治家や市長になる人はまずはシムシティーやりこんでみるのがいいと思ったほどです。

あと、ゲームをやっていてとにかく感じるのが「…金がほしい」

これはゲームでもリアルでも変わりませんね!

まぁ時間の経過とともに市民税が入りますけどね。その辺は自分も市民として支払っているのでリアルです。

是非街づくりにチャレンジしてみてくださいませ!街をつくるというモノからいろんな事が見えてきますよ。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

◆SIMCITY(CM)

記事が気に入っていただけましたら是非シェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

今まで国内だけでなく、世界を股にかけて幾多のチャレンジをしてきました。 そこで見たもの、得た知恵をレビュワーの皆さんに是非シェアしたい! …そんな想いでブログを立ち上げてます。 出し惜しみは致しませんので皆様、末永く宜しくお願いします。